• ご飯

DX文化鍋 18cm/20cm

昭和時代から重宝されている必需鍋。

かまどでごはんを炊いていた時代から、炊飯器が主流となった現代までの間に、ガスコンロでごはんを炊く時代がありました。その頃重宝されていた鍋が「文化鍋」。アルミ製だから、ステンレスの鍋に比べ軽く、割れる心配がなく、長く使える。ふきこぼれを防止する形状だから、ご飯が上手に炊ける。煮物や汁物も大得意。どこの家庭にも文化鍋があると言われるほど普及した鍋ですが、その使い勝手の良さは現代の台所でも同じはずです。
まずは、ご飯を炊いてみてください。お米の粒がピンと立った美味しいご飯を食べたら、また明日も文化鍋で炊こうと思えます。

サイズ
【18cm】本体高さ:10.3cm/深さ10cm/底厚3cm/
【20cm】本体高さ:11.4cm/深さ11cm/底厚3cm/
材質
【本 体】アルミニウム キャスト製
【内 面】ヘアライン仕上げ(光沢をなくしたつや消し)
【外 面】ミラー仕上げ
【取っ手】フェノール樹脂
原産国
日本

DX文化鍋 18cm/20cm

{{ key }}
税込{{ items.price | moneyDelimiter }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ items.price | moneyDelimiter }}

米炊きに最適のアルミ鋳物。

米炊きには、土鍋や鉄鍋のように厚みと重さがあるものが向いていると言われています。しかし、毎日ご飯を炊くならば、もう少し気軽に扱える鍋がいい。アルミ鋳物は、肉厚で熱伝導に優れており、保湿性が高いのに、軽いところが魅力。また、山形のふたが本体の内部入り込む形状になっているため、適度な圧力がかかり、ご飯がふっくらと炊きあがります。鍋のフチが立っているから、吹きこぼれの心配がない点も安心です。

ご飯だけでなく、様々な料理で活躍します。

火の通りが均一で、若干の圧力がかかるから、肉じゃがなどの煮物はもちろん、カレーやシチューなどの煮込み料理やチャーシュー作りにも重宝します。「文化鍋 レシピ」で検索すると、たくさんのレシピが見つけられます。ぜひ、文化鍋を使った得意料理を見つけてください。

あみたわしで洗うのがおすすめ。

炊いたご飯が余ってしまったら、おひつなどにうつします。鍋に調理したものを入れっぱなしにするのは避けましょう。使用後はすぐに水洗いをし、汚れがひどい時は、あみたわしやスポンジなどの柔らかいものと台所用中性洗剤で洗います。金属製のたわしは避けましょう。
ふたと本体のかみ合わせ部分の段差が、角ばっておらず、ゆるやかなカーブを描いているので、汚れがたまりにくくく、洗いやすいところも嬉しい仕様です。

昭和時代から重宝されている必需鍋。

かまどでごはんを炊いていた時代から、炊飯器が主流となった現代までの間に、ガスコンロでごはんを炊く時代がありました。その頃重宝されていた鍋が「文化鍋」。アルミ製だから、ステンレスの鍋に比べ軽く、割れる心配がなく、長く使える。ふきこぼれを防止する形状だから、ご飯が上手に炊ける。煮物や汁物も大得意。どこの家庭にも文化鍋があると言われるほど普及した鍋ですが、その使い勝手の良さは現代の台所でも同じはずです。
まずは、ご飯を炊いてみてください。お米の粒がピンと立った美味しいご飯を食べたら、また明日も文化鍋で炊こうと思えます。

サイズ
【18cm】本体高さ:10.3cm/深さ10cm/底厚3cm/
【20cm】本体高さ:11.4cm/深さ11cm/底厚3cm/
材質
【本 体】アルミニウム キャスト製
【内 面】ヘアライン仕上げ(光沢をなくしたつや消し)
【外 面】ミラー仕上げ
【取っ手】フェノール樹脂
原産国
日本

DX文化鍋 18cm/20cm

{{ key }}
税込{{ items.price | moneyDelimiter }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ items.price | moneyDelimiter }}