桜材すり棒

辰巳芳子さん考案のすり棒

雑誌・クロワッサンで食のあり方を長年提案してきた料理家・随筆家の辰巳芳子さんが考案した桜材をくりぬいたすり棒。先端が球状になっており、すり鉢に当たる面が多いため、すばやく食材をすることができます。柄は、真ん中が少し膨らんでおり、人の手を握ったような流線型で手にしっかりなじみます。

サイズ
小:全長約17.5cm
中:全長約26cm
大:全長約40cm

桜材すり棒

{{ key }}
税込{{ items.price | moneyDelimiter }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ items.price | moneyDelimiter }}

お取り扱い店舗

気持ちよくすれるようにデザインを工夫。

先端は球状になっており、すりこ木がすり鉢に当たる面が多いのが特徴。丸く削る技術に長けたこけし職人に依頼したということもあり、見事に丸く、どこか愛らしい形状です。柄はなだらかにカーブしており握りやすいため、ゴマにように細かな食材や、クルミのように固い食材でも、疲れずにすることができます。

大・中・小と3つのサイズ展開。

すり鉢の大きさに合わせてサイズを選ぶといいでしょう。

 

辰巳芳子さん考案のすり棒

雑誌・クロワッサンで食のあり方を長年提案してきた料理家・随筆家の辰巳芳子さんが考案した桜材をくりぬいたすり棒。先端が球状になっており、すり鉢に当たる面が多いため、すばやく食材をすることができます。柄は、真ん中が少し膨らんでおり、人の手を握ったような流線型で手にしっかりなじみます。

サイズ
小:全長約17.5cm
中:全長約26cm
大:全長約40cm

桜材すり棒

{{ key }}
税込{{ items.price | moneyDelimiter }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ items.price | moneyDelimiter }}

お取り扱い店舗