柳宗理デザイン。飽きのこない機能美のステンレスケトル

日本を代表するプロダクトデザイナーの柳宗理がデザインした、機能美が光るステンレスケトルです。

「見た目に熱さを感じさせない」ことを目標に、模型を作りながら試作を繰り返し、完成するのに2年もの歳月がかかったそう。

「お湯が早く沸かせる形」、「手の形に合わせたハンドル」、「開けやすい大きなフタ」。

使いやすさを追求し、見た目の美しさも兼ね備えたステンレスケトルは、柳宗理デザインならでは。

製造は、金属加工で優れた技術を持つ、新潟県燕三条の職人さんたちの手によってつくられています。

材質
ステンレス
サイズ
横244㎜ ×奥行190㎜ ×高さ205㎜(持ち手含)
容量
2.5リットル(満水)、1.7リットル(適正容量)
熱源/食洗機
直火:〇、IH:〇、レンジ:×、食洗機:〇
製造国
日本(新潟)
備考
手作業によるつや消し加工を施しています。多少スレのように見える場合もございます

柳宗理 ステンレスケトル つや消し

{{ key }}
税込{{ moneyDelimiter(items.price) }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ moneyDelimiter(items.price) }}

柳宗理について

1915年、民藝の指導者である柳宗悦の長男として東京に生まれる。東京芸術大学油絵科を卒業後、坂倉準三事務所を経て1952年に柳デザイン研究会を設立。
「使われるための美しい形」の創造を目指しており、模型づくりや試作品の使用を経たのちに図面を製作する点が特徴である。
東京オリンピックの聖火台やトーチ、競技場の椅子から家具、テーブルウエア、自動車、橋と、様々なもののデザインを手がける。

柳宗理デザイン。飽きのこない機能美のステンレスケトル

日本を代表するプロダクトデザイナーの柳宗理がデザインした、機能美が光るステンレスケトルです。

「見た目に熱さを感じさせない」ことを目標に、模型を作りながら試作を繰り返し、完成するのに2年もの歳月がかかったそう。

「お湯が早く沸かせる形」、「手の形に合わせたハンドル」、「開けやすい大きなフタ」。

使いやすさを追求し、見た目の美しさも兼ね備えたステンレスケトルは、柳宗理デザインならでは。

製造は、金属加工で優れた技術を持つ、新潟県燕三条の職人さんたちの手によってつくられています。

材質
ステンレス
サイズ
横244㎜ ×奥行190㎜ ×高さ205㎜(持ち手含)
容量
2.5リットル(満水)、1.7リットル(適正容量)
熱源/食洗機
直火:〇、IH:〇、レンジ:×、食洗機:〇
製造国
日本(新潟)
備考
手作業によるつや消し加工を施しています。多少スレのように見える場合もございます

柳宗理 ステンレスケトル つや消し

材質
ステンレス
サイズ
横244㎜ ×奥行190㎜ ×高さ205㎜(持ち手含)
容量
2.5リットル(満水)、1.7リットル(適正容量)
熱源/食洗機
直火:〇、IH:〇、レンジ:×、食洗機:〇
製造国
日本(新潟)
備考
手作業によるつや消し加工を施しています。多少スレのように見える場合もございます
{{ key }}
税込{{ moneyDelimiter(items.price) }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ moneyDelimiter(items.price) }}