• HARIO
  • ご飯

HARIO フタがガラスのご飯釜

火加減調整なしでご飯が炊ける土鍋

土鍋でご飯を炊くとふっくら美味しい。でも、コツをつかまないと焦げたり、べちゃべちゃになったりするのではないかと敬遠しがちです。フタがガラスのご飯釜は、火加減の調整は不要。水量も目印に合わせればOK。10分ほど火にかければ、ホイッスルが炊きあがりをお知らせ。ふたがガラスだから、炊きあがり具合も確認できます。火を止めて、15分蒸らせば完成。ほかの料理を作りながらも、美味しくご飯が炊ける便利な土鍋です。※イメージ写真は1合用です。

サイズ
【3合用】サイズ:幅270×奥行き230×高さ210mm 口径200mm
【1合専用】サイズ:幅210×奥行き174×高さ190mm 口径150mm
材質
耐熱陶器(鍋身)/ポリプロピレン、シリコーンゴム(ツマミ)
製造国
日本

HARIO フタがガラスのご飯釜

{{ key }}
税込{{ items.price | moneyDelimiter }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ items.price | moneyDelimiter }}

炊きあがり具合がよく見える。

土鍋のふたがガラスで透明だから、中のお米の具合がよく見えます。火にかけた直後はぐつぐつと沸騰しているのがよく見え、炊きあがりに近づくと、ぶくぶくと泡が立ち上がり、ピーっとホイッスルが鳴るころには、よく炊けたご飯が見えます。「いまどんな状態かしら?」と土鍋炊きにありがちな心配はご無用。ここでふたを開けるのをぐっと我慢し、強火で1分加熱。おこげをいただきたいときは3分加熱してください。あとは15分間ほおっておけば、ほかほかのご飯の出来上がりです。

水加減も一目でわかる。

土鍋の内側に目安ラインがあるから、わざわざ計量カップで水を測る必要がありません。米を半量にすれば水加減は目安ラインのままで、おかゆ炊きも可能です。

肉厚な形状と、吹きこぼれしにくい構造だから、火加減を調節しなくてもゆっくりと沸騰し、沸騰後は蓄熱された熱がごはんをじんわりと美味しく炊き上げます。

中性洗剤で優しく洗って。

洗うときは、やわらかいスポンジに中性洗剤をつけて優しく洗います。とくに、「あみたわし」はご飯のぬめり取りに最適です。クレンザーや研磨剤、研磨粒子の付いているスポンジは使用しないこと。火にかける際に、火力が強すぎると白米がこびりつくことがありますが、焦げ付きがひどい時は、少量の水に小さじ2杯の重曹を加え、弱火で煮立たせ、しばらく置いてからスポンジでこすると落ちます。よく水気を切って保管すること。

火加減調整なしでご飯が炊ける土鍋

土鍋でご飯を炊くとふっくら美味しい。でも、コツをつかまないと焦げたり、べちゃべちゃになったりするのではないかと敬遠しがちです。フタがガラスのご飯釜は、火加減の調整は不要。水量も目印に合わせればOK。10分ほど火にかければ、ホイッスルが炊きあがりをお知らせ。ふたがガラスだから、炊きあがり具合も確認できます。火を止めて、15分蒸らせば完成。ほかの料理を作りながらも、美味しくご飯が炊ける便利な土鍋です。※イメージ写真は1合用です。

サイズ
【3合用】サイズ:幅270×奥行き230×高さ210mm 口径200mm
【1合専用】サイズ:幅210×奥行き174×高さ190mm 口径150mm
材質
耐熱陶器(鍋身)/ポリプロピレン、シリコーンゴム(ツマミ)
製造国
日本

HARIO フタがガラスのご飯釜

{{ key }}
税込{{ items.price | moneyDelimiter }}
  • {{ items.product_name }}
    税込{{ items.price | moneyDelimiter }}